カマンベールチーズ

白カビタイプ

比較的有名なカマンベールチーズには大きく分けて3つの特徴が挙げられます。

カマンベールチーズの特徴

1つ目の特徴は白カビタイプのチーズであることです。白カビタイプとはチーズの表面を白カビで覆わせることで中身を熟成させて作るチーズのことで、熟成させればさせるほど柔らかくクリーミーな食感になる特徴を持っています。カマンベールチーズはまさにこの白カビタイプの最も代表的なチーズなのです。

2つ目の特徴は誰でも食べやすい食感や味をしていることです。先ほど解説した通りカマンベールチーズは白カビで熟成させているため、中身は非常に柔らかくなっていて、味も見た目通りクリーミーでクセが少ないため誰でも食べやすくなっているのです。

3つ目の特徴はロングライフタイプと呼ばれる種類のチーズもあることです。今までの方法で作られるカマンベールチーズは時間がたてばたつほど熟成が進みますが、ロングライフタイプの方法で作られたカマンベールチーズは熟成が止まるため、品質や風味などの変化が少ないというメリットがあるのです。

カマンベールチーズの作り方

カマンベールチーズの作り方はまずは生乳を殺菌することから始めます。

そしてその後32度ぐらいまで冷ました生乳に乳酸菌とレンネットを入れて、そこから1時間前後待つのです。

その後、豆腐ぐらいの柔らかさぐらいに固まったら丸い型に入れて、1晩ほど待って水分が抜けたら塩を加えて、白カビを表面に吹き付けます。

後は数週間ほどの期間、熟成させたらカマンベールチーズは完成します。

 

■〒064-0820 北海道札幌市中央区大通西24丁目2-3 プレミエール円山1F
  Tel・Fax:011-624-7084
■営業時間:11:00〜19:00(定休日:水曜日・年末年始)
■地下鉄東西線「円山公園駅」下車 5番出口より徒歩2分(駐車スペース2台)